滋賀でこだわりの注文住宅を手に入れるための情報

デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi
HOME » 理想の家づくりとは?デザイン・間取り・性能から考える » 住宅性能

住宅性能

注文住宅に求められる性能としては、以下のようなものがあげられます。

いわゆる「良い家」とはこうした性能に優れた家のことかもしれません。長く住み続けられるための性能が高い家ですと、数十年経っても変わらず、むしろ木材の味が出てよりマイホームへの愛着がわくことでしょう。

長期優良住宅という安心性

上記のような性能に優れている住宅を「長期優良住宅」と呼びます。長期優良住宅とは、そもそも2009年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」ができたところからさかのぼります。この法律で言われている「長期優良住宅」が普及することで、度重なるメンテナンスの必要もほとんどありません。また、地震が来ても安全、いつまでも快適な空間の中で過ごすことができ、環境にも配慮されている…といった、住みやすい家がたくさん増えるのではないかとされています。

ローコスト住宅などの台頭によって、住宅の質よりも価格が注目されることも多くなってきました。けれども、安い住宅の中には、不具合がおきやすかったり、構造がずさんだったりするケースもゼロではありません。

長期優良住宅に関する法律のねらいとしては、住宅ストックを有効活用することです。毎年様々なマイホームが建つ一方で、空き家となった家をどう活用するかが、今、焦点となっています。

長期優良住宅であれば、空き家になったその後もそのまま他の方が住み続けることができますし、中古販売する際にも比較的高値で売れるケースが多いなどと言ったメリットがあるのです。マイホームを建築したいという人は多いですが、種々の事情から「中古の住宅を買いたい」という層も一定数存在します。長期優良住宅が増えることで、中古の住宅に新たな活用方法が見いだせることになるのです。滋賀県にも数多くの長期優良住宅が存在しています。

ただし、長期優良住宅の表記がない場合でも、上記の性能の項目をクリアしていれば問題ありません。住宅会社の側で長期優良住宅を名乗っていない場合は、基準を上回っているか、質問してみるといいでしょう。

長期優良住宅の認定と住宅性能表示制度の両方を取得しましょう

滋賀で注文住宅を建てる場合は、長期優良住宅の認定と共に、住宅性能表示制度による等級を取得が望まれます。長期優良住宅の制度も住宅性能表示制度も、建築基準法に定められた規定ではありません。建築基準法は建築物の最低限度の基準を定めたものですが、住宅に求められる十分な性能を保証するものではありません。

長期優良住宅と住宅性能表示制度は共に建築基準法を補完し、選りすぐれた性能を必要とする消費者の要望に応えたものです。長期優良住宅の認定を受けた住宅は、長く住み続けるための総合的な性能に優れていますが、特定の項目の性能が最上位とは限りません。住宅性能表示制度は、性能表示項目ごとに性能に等級をつけ、消費者にわかりやすくしたものです。

住宅性能表示制度は、住宅の基本的な性能について、専門家以外の一般の消費者にも理解できる評価の基準としての意味を持ちます。この制度の内容では、国が定める性能評価項目・性能評価基準に基づいた中立な立場にある第三者機関が「設計図書の審査」と「施工現場の検査」に分かれて、性能表示項目ごとに等級を評価する審査をおこない、所定回数の審査・検査を済ませ、住宅性能評価書が交付されるに至った住宅の場合、もしトラブルが起きたとしてもスムーズかつ専門的な処理を受けることが可能な仕組みになっています。さらに、地震保険や住宅ローンの優遇を受けられるなどの利点があります。

住宅性能表示制度では、大きくは次の10の項目に分けられます。構造の安定に関する耐震等級、火災時の安全性に関する耐火等級、建物の劣化の軽減を示す劣化対策等級、維持管理と更新への配慮を示す維持管理対策等級、温熱環境に関する断熱等性能等級、シックハウス対策と換気の良さを示す空気環境等級、窓からの光の取り入れ具合に関する光・視環境等級、騒音の伝わり難さを示す遮音等級、高齢者や身障者への配慮を示す 高齢者等配慮対策等級、防犯対策の防犯等級に分かれます。これらの性能表示項目はさらに細分化され、細かな規定に分かれています。

住宅性能表示制度の10の性能表示項目の中で、新築住宅においては、必須項目が定められています。10の性能表示項目の中での必須項目は、

の4分野からさらに細分化した9項目になります。これらの必須項目は長期優良住宅における評価項目とも重なるものです。耐震等級、劣化対策等級、維持管理対策等級、断熱等性能等級に関する内容は、住宅の性能に直結すると共に、消費者の関心も高い項目です。それ以外の性能表示項目に関しては、評価を受けるかどうかは申請者の自由な選択に任されています。

住宅性能表示制度の10の性能表示項目の中でも消費者の関心が高いのが、耐震等級です。耐震等級は地震に対する強さを表す指標として評価されています。耐震等級1は、建築基準法の最低限度の規定のレベルです。50年に一度の頻度で起こる地震に対しての安全性が確保される等級です。耐震等級2は、建築基準法で想定する地震の1.25倍の強さの地震にも耐える性能を有する等級です。長期優良住宅における標準は、耐震等級2となっており、耐震等級3は、建築基準法において想定されている地震の1.5倍の強さの地震にも耐え得る性能を有するという決まりになっています。近年起きた大地震の被害調査においても、耐震等級3を取得した建物では倒壊に至る大きな被害はほとんど報告されていません。安全で安心でき、長期間の使用に耐える住宅を取得するのに、長期優良住宅や住宅性能表示制度は消費者にとって、指標としやすい分かりやすい制度と言えるでしょう。

長期優良住宅は耐久性を含めた総合的な評価に優れ、住宅性能表示制度は個別の性能表示項目において、高い性能を評価できる制度として優れています。住宅においては長期優良住宅の認定と住宅性能表示制度の評価の両方を取得することで、より安心できる住まいを得ることができます。

理想のわが家を叶える 滋賀の注文住宅会社 おすすめ5選
滋賀の注文住宅会社厳選集

理想の家づくりとは?

滋賀の家づくりで
知っておきたい
つの選択

PageTop
デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi

【免責事項】本サイトは個人の収集した情報(2016年12月現在)をもとに構成しております。最新の情報については、各工務店・ハウスメーカーサイトにてご確認ください。

サイトマップ

Copyright (C)デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi All Rights Reserved.