滋賀でこだわりの注文住宅を手に入れるための情報

デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi
HOME » ライフスタイルを映した注文住宅特集in滋賀 » 祖父母と安心して暮らす家

祖父母と安心して暮らす家

二世帯住宅・三世帯住宅など祖父母たちと安心して暮らせる注文住宅の施工事例と会社情報を掲載しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

湖都コーポレーション

湖都コーポレーション祖父母イメージ画像
画像引用元:湖都コーポレーション(http://www.koto-cp.com/project/145/)

祖父母との同居で大切にしたいことは「みんなが安心して暮らせる家」であること。お子さんから祖父母の方まで、幅広い年代の方が親しめるような、親しみやすいデザインを選びたいものです。

湖都コーポレーション祖父母イメージ画像2
画像引用元:湖都コーポレーション(http://www.koto-cp.com/project/145/)

また、家に使う素材もできるだけ自然素材を選ぶようにしましょう。白い漆喰の塗り壁は、カビなどから体を守ることができます。さらに無垢材をふんだんに使用したダイニングキッチンでは、年数の経過とともに、材質の変化を楽しむことができます。長く住むことによって、より素材に味と深みが出てくることでしょう。毎日の暮らしが楽しみになるような家です。

公式サイトでより詳しく施工例を見る

ルポハウス

ルポハウス祖父母イメージ画像
画像引用元:ルポハウス(http://www.reposhouse.com/works_16/)

従来、二世帯住宅と言えば1階・2階で分けられるもの。けれどもこの注文住宅は、トンネルでそれぞれの住まいがつながるよう工夫されています。大切なのは、従来の在り方ではなく「自分たちがどんな家に住みたいか」ということ。特に距離感は二世帯住宅において重要なものですから、既存の在り方にとらわれず、自分たちの目指すべきところを考えて間取りなどを考えるようにしましょう。

ルポハウス祖父母イメージ画像2
画像引用元:ルポハウス(http://www.reposhouse.com/works_16/)

穏やかな光が差し込む、親世帯のリビングルーム。落ち着いた空間の中、心豊かな日々を過ごすことができそうです。木をふんだんに使用したナチュラルテイストのデザインが、リラックス感を演出しています。自分たちの空間と、親世帯の空間。それぞれ趣味も理想の家づくりの方向性も異なるかもしれませんので、それぞれの空間はそれぞれの要望を取り入れたものにすることをおすすめします。

公式サイトでより詳しく施工例を見る

二世帯住宅を建てる際に抑えるべきポイント

家の建て方は色々な方法が存在しており、近年では二世帯住宅なども増えてきています。二世帯住宅は同じ屋根の下で2世帯の家族が同じ家に住むことになりますが、一世帯と比べると家の建て方も慎重に考えないとトラブルにつながることもあるので、しっかりと手順を踏んで建てていかなければなりません。それほどつくりあげるのに難しいと言われている二世帯住宅ですが、このサイトではこれから検討している人のためにもメリットや抑えるべきポイントについて紹介します。

まず初めにそもそも二世帯住宅にはどんなメリットがあるのかについて説明をしますが、1つ目は金銭面です。例えば家を建てる時も一世帯で全てを負担することはありません。その為費用を分担してローンを返済することも可能です。またローンに関しても上限が決まっていないということはなく、それぞれのローンを組む人の年収によっても変わるので、それほど収入がない人は大きな額を借りることは難しくなります。こういった場合でも二世帯なら協力することができるので一世帯として家を建てるよりも有利です。また日常の生活の費用面でもメリットがあります。例えば日常生活では食費や光熱費なども毎月発生しますが、二世帯なら別々で住むよりも負担額は半分になるので節約になります。金銭面でのメリットがあるので人気が高くなりつつあります。

続いて2つ目のメリットは子供のことを見てもらえる点です。例えば現代では夫婦のどちらかが働き、どちらかが仕事に行くという決まりはありません。共働きをしている人たちも多くいますが、この場合に悩むのが子供のことです。例えば子供が幼稚園で熱やケガをして急きょ迎えが必要になったという場合や、残業で家に帰るのが遅くなる場合など、こういった状況でも二世帯なら子供の面倒を見てくれるので共働きでも安心です。このように、一部分ですが二世帯住宅には様々なメリットがあります。

魅力的な部分が多い二世帯住宅ですが、ただ単に建てるだけでは失敗してしまうこともあります。二世帯が快適に暮らせるようにするためにもここでは建てる時に抑えておきたいポイントについて話します。まずしっかりと抑えるべきポイントとして、なぜ二世帯住宅にする必要があるのかをはっきりさせることです。例えば理由として上がるのが、高齢になった両親の面倒を見たい。という場合や、土地が余っているという場合など明確な理由があるという場合には建てても問題はないでしょう。明確な理由がある場合には二世帯住宅を検討した方がいいので、まずは建てる明確な理由について考えましょう。

続いてのポイントはお互いのことを考えた間取りにすることです。二世帯の場合、考えたいことは様々ですが、その中でも音の問題は重要です。例えば片方の世帯は夜8時に就寝し、もう片方は夜中の1時や2時に就寝をする生活をするなどという場合は特に音の問題は大切で、防音対策をしっかりとしていないとトラブルや関係が悪化してしまうことがあります。長年住むことになるので、例えば水回りやリビングなどの間取りを考えたりしてなるべく音が漏れない建て方を考えるといいでしょう。

その他にも重要なのがルールを決めることです。ルールと言ってもいろいろありますが、例えば光熱費はどのように分担して負担をするのかというポイントや、共用部分をつくるのかなど細かいルールを相談しながら決めた上で二世帯住宅にしないと満足の生活を送ることができません。不満はなくしたい家庭は多いと思うので、考えるべきポイントはじっくりと話し合ってから決めましょう。

ここでは二世帯住宅を検討する上で抑えたいポイントについて話しましたが、滋賀には二世帯住宅について詳しいハウスメーカーも存在しています。特に滋賀に住んでいる人は滋賀にあるハウスメーカーを選ぶ人がほとんどかと思うので、どこのハウスメーカーを選ぶかについても考えておくといいでしょう。

理想のわが家を叶える 滋賀の注文住宅会社 おすすめ5選
滋賀の注文住宅会社厳選集

理想の家づくりとは?

滋賀の家づくりで
知っておきたい
つの選択

PageTop
デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi

【免責事項】本サイトは個人の収集した情報(2016年12月現在)をもとに構成しております。最新の情報については、各工務店・ハウスメーカーサイトにてご確認ください。

サイトマップ

Copyright (C)デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi All Rights Reserved.