デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi

滋賀でこだわりの注文住宅を手に入れるための情報

デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi

理想の我が家を叶える
滋賀注文住宅会社厳選集

京都のベッドタウンとしても、地元に暮らす方からも、根強い人気を誇る滋賀。自分の、家族の将来のため、こだわり抜いた我が家を手に入れたい方のため、こだわりの注文住宅の施工事例や、特に評判の良い地元の住宅会社情報を掲載しています。

湖都コーポレーション

家族のパーソナリティを大切に
とことんまでこだわり・楽しむ家づくり

地元滋賀に密着し、1人ひとりの生活とは、家族の将来とはを考え、本当に求めている「ライフスタイル」から、家をプランニングすると評判の湖都コーポレーション。滋賀県内でのデザイナー住宅施工の第一人者ともいうべき存在で、デザインや動線、インテリアの細部まで、洗練された家づくりができる。注文住宅だけでなく、古民家再生やリノベーションなど、様々な選択肢を用意する実力派の工務店。

公式HPで施工業者をもっと見る

5年間での住宅施工数

約300

施工後のアフターケア

引渡し後6ヶ月/1年、2年点検を実施/JIOによる住宅瑕疵担保責任保険/地盤保証10年/ウール断熱材によるトラブルの瑕疵補償50年
社内にアフターケア専門のチームがあり、メンテナンスが必要なときは、家を立てた職人本人が責任をもって施工にあたる。保証期間を過ぎていても、随時対応も可能。

湖都コーポレーションの会社概要

住所
〒520-2333 滋賀県野洲市栄5-5
アクセス
野洲駅から800m

華建築

家をつくりたいという気持ちに答える
昔ながらの工務店

「家をつくりたい」という思いはあっても、何からはじめればいいのかわからない。そんな人のために、「家づくり学校」という少人数セミナーを毎月開講している華建築。工務店からの押し付けではなく、施主が心から望む理想の家づくりを大切にしている。着工式や上棟式など、家づくりに関する古き良きイベントや、現場を取り仕切る職人たちともコミュニケ―ションなど、昔ながらの家づくりを楽しめる工務店。

公式HPで施工業者をもっと見る

5年間での住宅施工数

約125

施工後のアフターケア

地盤保証/完成保証/瑕疵保証/シロアリ保証/定期保証
基本と言える5つの保証、それを守るため10年間に渡って住宅の健康状態のチェックを行う。

華建築の会社概要

住所
〒523-0892 近江八幡市出町162-2
アクセス
彦根口駅から車で7分

谷口工務店

赤ちゃんにも優しい
自然木材を使用したナチュラルハウス

あたたかみ、健康への配慮、時間の経過によって味わいが増すなどから、「木の家」にこだわりをもつ谷口工務店。使う素材には妥協をせず、赤ちゃんがハイハイしても安心な家づくりを行っている。設計から施工まで自社で行うため、施主の要望に一貫して答えてくれると好評。保証期間が10年から、メンテナンス保証を経て最長60年まで延長できるのも、安心の1つといえる。

公式HPで施工業者をもっと見る

5年間での住宅施工数

約270

施工後のアフターケア

施工30年地盤保証/最長60年長期保証/住宅瑕疵保証保険/専属のアフターサポート担当/20年間無償定期点検
建物の基礎や構造、防水面では、初期の保証期間10年から、メンテナンス保証を経て最長60年までの保証期間延期が可能。

谷口工務店の会社概要

住所
〒520-2531 滋賀県蒲生郡竜王町山之上3409
アクセス
朝日大塚駅から車で約14分

NoveWorks
(ノブワークス材信工務店)

昭和10年創業
耐震性に優れた家づくり

昭和10年創業と、滋賀の工務店の中でも長い歴史を誇るノブワークス。長年の経験により培われた職人技術や、ニーズを適切に把握し実現している力から、地域でも愛されています。近年では、耐震性に優れた「RC住宅」も取り扱いが増え、安心・安全な住宅の提供に定評があります。

公式HPで施工業者をもっと見る

5年間での住宅施工数

約60

施工後のアフターケア

完成保証/地盤保証/瑕疵保証/定期点検
施工後の住宅の引渡しから10年ごとに更新可能の地盤保証あり。

NoveWorks(ノブワークス材信工務店)の会社概要

住所
〒526-0031 滋賀県長浜市八幡東町237
アクセス
長浜駅から車で9分

富田建設

設計から施工・引渡しまで
責任をもって対応

設計から施工・引渡しまでを自社で行い、施主と信頼関係を築きながら、家づくりを行っていく工務店。家づくりの最初から最後まで富田建設で引き受けることで、安心感を与えるだけでなく、連絡系統もぶれがなく、要望が正しく現場まで伝わります。気になる白アリ対策として「ヘルスコキュア」という自然素材を使用するなど、新しい家づくりに取り組んでいる。

公式HPで施工業者をもっと見る

5年間での住宅施工数

不明

施工後のアフターケア

アフターメンテナンス不明

富田建設の会社概要

住所
〒528-0036 滋賀県甲賀市水口町東名坂139
アクセス
水口駅から徒歩で11分

ライフスタイルを映した
注文住宅特集
in滋賀

注文住宅最大の魅力は、ライフスタイルに合わせた家づくりができること。ライフスタイルとは、単純に動線が整っている、好みのデザインであるというのでは不十分です。1人ひとり、1家族ごとに異なる、それぞれの生活・考え・想い、そして将来像までも全てを内包した「ライフスタイル」こそ、人生を共にする注文住宅に盛り込むべき要素です。ここでは、ライフスタイルにこだわりを持ってつくられた、滋賀の注文住宅をご紹介していきます。

趣味と一緒に暮らせる家

趣味と一緒に暮らせる家

バイクや楽器、アクセサリー作りなど、それぞれの趣味のカタチを注文住宅に反映させたお家を紹介。1人ひとりのパーソナルを尊重した、ゆっくりと過ごすための空間です。

大好きなものだけに囲まれる家

大好きなものだけに囲まれる家

長く暮らす家だからこそ、大好きなものだけに囲まれていたい。例えばカフェのような家、木のぬくもりを直に感じられる家。そんなワガママを叶えた家をご紹介します。

家族のぬくもり・ふれあいを大切にした家

家族のぬくもり・ふれあいを大切にした家

家とは、家族と側にいるための空間。特に小さなお子さんのいるご家族ならば、常に家族のぬくもりを感じ、言葉をかけあい、触れ合いたいものです。家族の距離が縮まる注文住宅を集めました。

自分らしく暮らしも仕事もできる家

自分らしく暮らしも仕事もできる家

サロン併設・アトリエ併設など、お仕事と暮らしの両立ができる注文住宅。どちらも自分の好みで統一しながらも、仕事とプライベートをしっかり分けて、それぞれ異なるこだわりを実現させた注文住宅揃いです。

天然木材にとことんこだわった家

天然木材にとことんこだわった家

赤ちゃんに気兼ねなくハイハイしてもらえる、そんな優しい家には、天然木材がオススメ。滋賀で地産地消された木材は、新鮮なまま住宅づくりに使われます。時間の経過により加わる、深い味わいも魅力です。

祖父母と安心して暮らす家

祖父母と安心して暮らす家

広い空間が取れる滋賀だからこそ、今後も増えていくであろう二世帯・三世帯住宅。親世帯・子ども世帯それぞれの希望を兼ね備えた、ちょうどいい距離感を大切にする家が人気を集めています。

滋賀県
人気エリア
注文住宅カタログ

土地の高騰が続く京都からのアクセスが良い滋賀県湖南エリアは、関西でも特に注目を集める住宅地です。年々住宅の価値が上がり続ける湖南エリアで、今後の生活を検討して建てられた注文住宅を掲載しています。また、彦根や近江八幡などの人気スポットの物件もありますので、チェックしてみてください。

滋賀県 長浜エリア 米原エリア 大津エリア 彦根エリア 守山エリア 近江八幡エリア 草津エリア 栗東エリア 野洲エリア

長浜エリア

> 注文住宅を見る

米原エリア

> 注文住宅を見る

大津エリア

> 注文住宅を見る

彦根エリア

> 注文住宅を見る

守山エリア

> 注文住宅を見る

近江八幡エリア

> 注文住宅を見る

草津エリア

> 注文住宅を見る

栗東エリア

> 注文住宅を見る

野洲エリア

> 注文住宅を見る

滋賀県で人気の注文住宅ってどんな建物?

滋賀県で人気が高い注文住宅は、機能性に優れた注文住宅です。断熱性能が高く、一年中快適な生活をしやすかったり、耐震性能に優れていて、いつでも安心して暮らせたりする注文住宅などが人気です。

滋賀県は比較的温暖な気候の地域ですが、それでもやはり冬の寒さは気になります。断熱性能を高めて、全館空調を採用した住宅はやはり人気です。建築コストは多少かさみますが、それ以上にメリットがあると判断する方も多くいます。

また機能性と共に、オシャレな外観や好みの内装にこだわる方も少なくありません。どれだけ優れた家でも、見た目が好みではないと毎日の生活は楽しくなりません。家族みんなが「好みだ」と思える家作りが重要なポイントだと言えます。

建売住宅と注文住宅の違い

住宅を購入する際には、いくつかの選択肢の中から、自分たちにとってメリットの大きい方法を選ぶ必要があります。住宅購入で有名なのが、建売住宅と注文住宅です。両者にはどのような違いがあるのでしょう。

建売住宅の特徴は、「すでに建築された家を購入する」という点にあります。建築途中の様子を見ることや、一から自分たちの好みに合わせて建築することはできません。しかしその一方で、出来上がった家そのものを見て選べるというメリットもあります。

また建売住宅の場合でも、購入を決めるタイミングが早ければ、ある程度の変更ができる可能性もあります。より一層好みの空間にできますから、不動産屋さんに相談してみると良いでしょう。

注文住宅の場合は、気に入った土地に、自分たちの好みの住宅を一から決めて建築していくことになります。間取りや設備など、自分たちのこだわりを全て詰め込んで家作りを楽しめることでしょう。しかし、完成までに数多くの打ち合わせをこなさなければならず、また「まだ完成していない建物」を想像して、あれこれと決めなければいけません。「時間的な余裕がない」「すべてを決めるのが大変」などのデメリットを訴える方もいます。

注文住宅にするメリット5選!

建売住宅にもメリットがありますが、やはり人気が高いのは注文住宅の方です。打ち合わせから完成まで時間がかかり、面倒なことも多い注文住宅ですが、多くの人に選ばれるのには理由があります。注文住宅は、なぜこれほどまでに人気なのでしょうか。注文住宅で夢の一戸建てを手に入れようと思ったときに、気になるメリットを5つ紹介していきます。一つ一つ詳しく解説していきますから、建売住宅か注文住宅かで悩んだときには、ぜひ参考にしてみてください。

1.自由度の高い家に仕上がる

注文住宅のメリット1つ目は、自由度の高さです。注文住宅は、ゼロから全てを決めていけるのがもっとも大きな魅力となります。間取りはもちろんのこと、玄関の位置や向き、窓のサイズや大きさから各種住宅設備の詳細まで、全てを自分たちの好みで選ぶことが可能です。

自宅にすでにある家具に合わせた収納スペースや、家族の過ごし方に合わせた家を作れるのも注文住宅ならではの魅力です。

とはいえ、注文住宅の建築を請け負う住宅メーカーの全てが、「顧客の要望ファーストの自由度の高い家」を建築してくれるわけではありません。自由度の高さを求めて注文住宅を選択する場合には、打ち合わせの初期の段階で、「どの程度、理想を叶えられるのか」を確認しておくと安心です。

2.予算を調整して住宅が作れる

建売住宅では、基本的に「出来上がった住宅を購入する」という形になります。売れ残れば、当然価格は下がりますが、建物や住宅設備のスペックが決まっている以上、儲けを出すためには「値引きの限界ライン」が存在しています。

しかし注文住宅の場合には、建売住宅よりもさまざまな点で予算の調整を行うことが可能です。エリアによって土地の価格は変わりますし、すでに土地を所有している場合でも、家の大きさを小さくすれば建築費用は抑えられます。この他にも、内装のランクや住宅設備をどこまでこだわるのかなど、高く建てることも安く建てることも可能なのです。

住宅購入で失敗しないためには、予算の調整が非常に重要な役割を果たします。こうした点でも注文住宅にはメリットがあります。

3.特殊な立地でも建てられる

建売住宅が建築されるのは、基本的に「売れそうな場所」のみとなります。田舎すぎる場所や周囲に何もない場所のほか、騒がしすぎる場所やさまざまな問題を抱える場所では、「立地が悪いから」という理由で敬遠されてしまう可能性も高いです。建物が売れ残るリスクは、できるだけ避けたいというのがメーカー側の本音です。

とはいえ、「少し変わった立地の方が良い」と考える方もいるはずです。人気の土地ではない場合、売り主も「価格」を売りにして販売しているケースが多く、お得に購入できるケースも多くあります。一から全てを作り上げる注文住宅の場合には、こうした土地でも問題なく建物を建築できます。また立地条件を強みにした建築プランを作ることも可能になるでしょう。

4.建設途中の現場をチェックできる

一つの住宅を完成させるためには、さまざまな業者があらゆる作業を行います。住宅メーカーは、家作りに関わる多くの業者を束ねる役割を担います。建物の完成までに、「一つのミスもない」状態が買主にとっては理想の状態です。しかし作り手も人間である以上、ミスをゼロにすることはできません。

注文住宅の場合は、まっさらの状態から、基礎や棟上げ、内装の仕上げや住宅設備の設置まで、建築段階を全てチェックすることが可能です。なんらかのミスがあれば、途中で指摘し、訂正してもらうこともできるでしょう。建売住宅の場合は、「完成してしまえば見えない場所」も多くあります。こうした「見えない場所」が少なくなり、安心して購入できる点も魅力的です。

5.資産価値が残りやすい

注文住宅は、自分たちのこだわりを詰め込んだ住宅です。施主の好みが反映されやすいスタイルと言って良いでしょう。当然、その住宅を「好み」と感じる方もいれば、「あまり好きではない」と感じる方もいるでしょう。しかし建物の雰囲気を気に入る人にとっては、「他の家にはない資産価値がある」ということになります。

建売住宅の場合は、良くも悪くも「万人受け」を狙います。また少しでも価格を安くするために、外から見えない部分でコストダウンを図るケースも少なくありません。デザイン面でも性能面でも、資産価値が残りやすいのは注文住宅の方です。将来の売却を検討して住宅を購入する場合には、こちらも頭に入れた上で、ベストな形式を選ぶのがオススメです。

注文住宅を建てる際のポイントをチェック

注文住宅は、建てる人のこだわりや希望を反映することができます。建売は完成済みの家を購入し、価格も決まっています。注文住宅は建築主の予算によってこだわりを反映することができます。予算をオーバーしないようにデザインを抑えるか、それともオーバーしてでも自分たちの理想の家を仕上げていくかは最終的には自分たちが決めていくことになります。

注文住宅を建てるポイントは契約前からはじまっています。理想だけでなく、外せない必要な条件を整理していきましょう。

  1. 建売との違いを把握しましょう。
  2. 打ち合わせは重要なポイントです。契約する前にじっくり打ち合わせをしましょう。
  3. 予算と希望・要望のバランス取り、予算オーバーを防ぎましょう。
  4. 複数の業者を比較していきましょう。比較は要望を叶えてくれる業者だけではなく、対応してくれるスタッフもチェックしましょう。

予算も気になりますが、イメージはどんどん伝えていきましょう。コストだけでなく、希望はどれぐらい実現することができるかなどイメージがどんどん現実に繋げていくことができます。

1.住宅の知識を身に付ける

住まいは賃貸や分譲、マンションなどの集合住宅や一戸建てという違いだけでなく、さまざまな知識が必要です。自分がイメージする暮らしをするために情報収集も必要になります。

一戸建ての購入するときには、注文住宅にするのかすでに建っている分譲住宅にするのか、リフォームという方法もあります。マンションを購入する場合には、新築や中古、リフォームから選ぶことができます。

一戸建てでもマンションでも購入する場合であっても予算を組んでいきましょう。条件や希望によって予算組みは必要です。土地探しも重要なポイントです。土地は土壌のチェックだけでなく、交通の便や暮らすための日常の品を購入する場所や子供の学校や遊べる場所などの確認も必要です。

家を作るためのスケジュールを把握していきましょう。モデルハウスでの確認や相談から現地調査から家づくりのプランを受けてみましょう。希望や要望、資金、土地など家庭によって異なります。自分たちにあったプランや見積もりを作成してもらいましょう。

納得いった内容から契約していきます。地盤の調査からはじまり、金融機関への融資申し込みなどのサポートが行われます。最終的に見積書や設計図が作成され、最終の契約があります。近隣への挨拶が終わってから工事が着工します。

検査機関で検査が行われ、建物が完成したら最終的に建築主がチェックして直し工事があって、引き渡しとなります。

家は建てるまでには期間が必要になります。スケジュールはしっかり確認しておきましょう。

2.モデルハウスの見学

滋賀にはモデルルームやモデルハウスがいっぱいあります。どこにどんなモデルハウスがあるかネットで検索してみましょう。自宅近くだけでなく、気になる設備やインテリアなど展示場の情報もネットで確認することができます。

注文住宅を建てるときにはどんどん見学をしていきましょう。見学するときには夫婦二人だけでなく、これから家族全員が過ごす家をイメージしていくことになります。家族全員で見学に行くようにしましょう。

モデルルームやモデルルハウスは、より生活イメージに合うようにインテリアなどがコーディネートされています。

暮らしのヒントがいっぱいあります。モデルルームやモデルハウスは、広い敷地で見学していきます。当日は、ズボンなどの動きやすい服装、靴は脱ぎやすいものを履いていきましょう。持ち物には、メモや筆記用具、メジャー、資料を入れるバッグなどを持っていきましょう。メモを取るときには、自分が感じたイメージや寸法などだけでなく、展示場や設備のメーカー名なども記載しておくと後々活用することができます。気になる部分は撮影もしていきましょう。

展示場に到着したら、センターハウスで案内図やパンフレットなどチェックしてみましょう。見学中にはテモデルルームやモデルハウスのトイレは利用できません。センターハウスでトイレを済ませておきましょう。

3.理想の住宅をイメージする

モデルハウスでは外観のデザイン、入ればインテリアや設備が揃っているため暮らしのイメージが湧いてきます。天井の高さや壁などもチェックしていきましょう。高さや壁などから写真や資料だけではわからない体感をすることができます。家での過ごしかたは各家庭で異なります。どんどん動いて生活のシミュレーションをしてみましょう。収納スペースは間取り図だけでは判断することはできません。実際に見てイメージがかわります。現在家にある荷物が収納可能なのかも寸法を測ってチェックしていきましょう。

モデルハウスには、毎日の暮らしを快適にするヒントがたくさんあります。キッチンの使い方や家事がしやすくなる動線に合わせてチェックしていきましょう。

理想の住宅のイメージを実現するためには、どんどんスタッフに質問していきましょう。構造や素材、ローンなどだけでなく、暮らしたあとのメンテナンスなど暮らしの疑問はどんどん聞いて、相談することが可能です。事前に来場予約をしておくと、スタッフが一緒に案内してくれます。事前に質問を訪ねておくと忙しい人でも時間を短縮することができるのでおすすめです。

建設はまだまだ先でもモデルハウスは遠慮なく見学することができます。暮らしのイメージだけでなく、暮らしづくりのヒントもたくさんあるので気軽に利用してみましょう。

4.住宅会社を選ぶ

住宅会社を選ぶときには、知名度優先で選ぶのはやめておきましょう。よく見かける大手メーカーは広告コストがかかっていることから、建築費が上乗せされている可能性がアップします。大手メーカーであっても工法など注目できる魅力はいっぱいあるので、避けるべきということではありません。ただし、今まで知らなかった工務店など比較対象としてみましょう。希望やイメージをしっかりと伝えることができる会社を選ぶようにしましょう。

比較するためにも、資料を積極的に揃えていきましょう。カタログをチェックしていくと、イメージに合う、より近いものを探しだすことができます。

営業担当者とのファーストコンタクトがよかったから、と住宅会社を選ぶことは避けましょう。ファーストコンタクトでは、住宅の内容よりも趣味や環境などから相性がぴったりになることもあります。ところが、相性がよくても建築への知識が不足していると質問への返答が遅れることもあります。質問やアドバイスは知識と経験が必要です。自分たちの希望や要望に関してのアドバイスを明確に答えてくれることは、住宅会社を選ぶためには重要なポイントとなります。建築士やインテリアコーディネーターなど資格の有無も選ぶポイントとなりますよ。

初めに優先順位を決めておくことが大切!

モデルルームやモデルハウスを見学する前に、家族それぞれの希望条件をまとめて優先順位をつけておきましょう。希望や要望をすべて叶える家を建てることは難しいですが、後悔を減らし家族の希望に近づけるためには優先順位をつけておくことは大切なことです。

玄関スペースを広くしたい、キッチン設備、間取り、家の場所など、家族それぞれの希望が出てきます。間取りや設備そして立地に大きく分けることができます。

間取りや設備は費用がかかりますが、後で変更することも可能です。ところが立地は住んでからまた引っ越すとなると大変な手間とコストがかかります。

どこで暮らすかは家族でしっかり検討していきましょう。暮らす場所を選ぶポイントは利便性と安全です。

通勤通学に便利な場所なのか、交通のよさは暮らしに役立ちますね。

病院や交番、日用品を購入する商業施設があれば暮らしやすさがアップするだけでなく、街灯があるため治安も比較的安心です。

家族と家を守るためにも、過去の自然災害の記録もチェックもしっかり行いましょう。

ただし、利便性や安全な場所を選ぶと価格がアップしてしまいます。利用と予算が伴うか確認をしていきましょう。自己資金と住宅ローンで住宅への資金が決まってきます。余裕をもって返済できるか計画をしっかり立てましょう。

間取りばかり気にせず、ライフプランもしっかり考えておきましょう。子供が間取りの使い方も変更したり、交通手段も年を重ねると変更になったりする場合もあります。また高齢になったときに快適に過ごすことができるかもしっかり検討しましょう。

注文住宅では土地選びが大切!

注文住宅を建築するときには、施主が決めるべきポイントが多数あります。どこのメーカーでどんな家を建築しようかと、悩みを抱える方も多いことでしょう。とはいえそれは、決して「辛い悩み」ではありません。ドキドキワクワクしながら、家の完成を待っている方も多いのではないでしょうか。

家作りで成功を収めるためには、その前の段階からきちんと考えておかなければならないポイントも存在しています。それが「土地選び」なのです。建物は、後からリフォームで調整をすることも可能ですが、土地だけは簡単に選びなおせるものではありません。ぜひ慎重に決定してみてください。

土地にはそれぞれ特徴があり、地震に強い場所もあれば弱い場所もあります。古い時代から水害に悩まされてきたエリアもあれば、トラブルが少ない土地も存在しています。できればしっかりとした地盤の土地を選ぶことで、注文住宅にかかる費用も少なくすることができるでしょう。

土地選びは、素人の目線だけでチェックするのは難しいポイントでもあります。信頼できる不動産のプロと一緒にオススメの土地を巡ってみることで、理想の土地と出会いやすくなります。注文住宅を購入する前から、是非チェックをしてみましょう。

注文住宅の魅力ベスト3!

マイホームは、人生の中で最も高い買い物になることが多いです。

新築住宅なら数千万円というお金を用意しておかなければならないからです。住宅ローンを使えば全額用意しておく必要はなくなるのですが、その分完済までには長い時間がかかってしまいます。

間違った住宅選びをしてしまうと、人生の大半を後悔しながら過ごす結果になりかねません。そのため、入念な事前勉強はしておく必要があるわけです。

最近は分譲住宅にするか注文住宅にするか、その点から検討を始める人が多いです。注文住宅がそれだけ一般的になってきたということでしょう。分譲住宅にはない様々なメリットにも注目が集まっています。

マイホーム購入を考えているのであれば、注文住宅の代表的なメリットについてはあらかじめ把握しておくのが無難です。

1.自分でデザインするからこそ安全

注文住宅は、外観のデザインから自分たちで考えていけます。和風にするのか洋風にするのか、間取りはどうするのか、すべて自分たちで決めていけます。

業者によっては材料から指定できる場合もあります。この点が分譲住宅との最大の違いでしょう。自分たちに決定権があるということは、それだけ理想的な住宅が手に入る可能性も高くなるということです。

また、その住宅について知らないことが少なくなるので、住んでみて違和感を覚えることもなくなります。人によっては化学物質に弱い場合もありますが、その際には無垢素材を使って快適な家作りを進めていくこともできます。

将来設計に合わせて外観デザインや間取りを考えていけば、長い目で見ても後悔する確率は減らせるはずです。バリアフリーを導入して老人や子供が安全に暮らせる家にするのも悪くありません。

注文住宅造りはまず綿密な打ち合わせから始めなければいけませんし、実際に建物が完成するまでには長い時間がかかります。しかしその分、後悔をすることも少なくなるわけです。

世の中には、どうしても失敗をしたくないという理由から注文住宅を選択する人もいます。分譲住宅に潜む各種リスクが気になるなら、注文住宅を検討してみましょう。

2.思い描いていた理想をカタチに出来る

人それぞれ住宅に求める理想は違います。一般的な分譲住宅は万人向けの無難なデザインが採用されているケースが多いので、なかなか自分の理想とするデザインや設備が揃うことがありません。

理想の種類によっては、日本全国の分譲住宅を見て回っても満足ができない場合があります。 ですが注文住宅なら、その点に関して心配をする必要もなくなります。

なぜなら、そもそも建物が存在していない段階から自分の理想を最優先に考えて行動していくことができるからです。

もちろん予算の範囲内のことしかできませんし、建築基準法に抵触する案は採用されることがありませんが、大抵の要望は聞いてもらえます。

例えば広大な庭が欲しいという理想も叶えられますし、屋上庭園が欲しいという理想も叶えられます。間取りに関しても割と融通は効きますし、設備も欲しいものを揃えていくことができます。

あれがないこれがないと不満に思うこともなくなりますし、リフォームの必要もなくなって便利です。 注文住宅なら、今まで日本には存在していなかった自分だけの理想の家を作り出すことも可能なのです。

理想が明確になっていて、その理想が分譲住宅ではカバーできないなら、注文住宅を選ぶ価値は高いです。

3.家づくりに使う素材にもこだわれる

分譲住宅はすでに完成された状態で売りに出されているので、建物を構成する素材について口出しすることは基本できません。

不満があるなら、購入後自分でリフォームをするしかないのです。ですが注文住宅なら、素材にまでこだわれます。

海外の安い木材を使ってコストを抑えることもできますし、逆に国産の高級素材を使って快適性をアップさせることもできます。

滋賀県を始めとして「地域材」の消費に力を入れている自治体もありますが、注文住宅なら木材の地産地消に協力をすることまでできるのです。

素材次第で家の寿命が変わることもあるので、この段階から自分の意見を通していけるのは魅力的です。 ちなみに、使う素材次第では、住宅機能が大幅に強化される場合もあります。

丈夫な素材を使ってもらえば、地震に強い家を作り出すこともできるでしょう。断熱性や通気性も素材ごとに違っているため、しっかりと勉強をしていい素材を選んでいけば、建物の寿命を大幅に伸ばすことも不可能ではありません。

ただし、すべての業者がどんな素材でも取り扱っているわけではない点には注意が必要です。珍しい素材や工法を指定するなら、その素材や工法に強みを持つ業者の選定から始める必要があります。

建てたあとのアフターケアが重要

住宅は建てればそれで終わりというものではありません。毎日住み続けていく中で種々の問題が発生することもあります。業者を選ぶ際には、どの程度アフターケアをしてくれるかも大事になります。

重大な瑕疵についてカバーしてくれるのは当然のこととして、それ以外の細かい要望まで聞いてくれるかどうかに注目をしましょう。家を建てた後でも担当者と連絡を取り合えるような業者なら安心感は強いです。

大手もアフターケアには力を入れ始めているので、そうした観点から業者選びをするのも悪くはありません。

保証の有無が住宅環境を左右する

長く住み続けていくつもりなら、長期保証の有無については調べておきましょう。一応住宅には「住宅品質確保促進法」という法律に基づいた最低限の保証があるのですが、その期間は十年と短めです。

住宅の場合は十年以上経過してから問題が発覚することが珍しくありません。そのため、できればメーカーが独自に用意している長期保証に入っておくのが望ましいわけです。

長期保証があれば、万が一トラブルが発生しても対処はしやすくなります。お金の心配をしなくてよくなるので、迅速な対処も可能になるでしょう。ほぼすべての作業を業者側に任せられる点もポイントです。

手間をかけずに快適な住環境が手に入る点が大きいのです。自分たちで修繕をすることも不可能ではないのですが、コストも手間も圧倒的にかかってしまいます。

注文住宅は分譲住宅とは違い、自分たちで素材や間取りを決定していけます。中には特殊な工事をすることもあるでしょう。

トラブル発生の確率は高いと考え、できるだけ長い保証期間を用意するのが賢い行動となります。

定期的なメンテナンスで長持ちさせよう

住宅は頑丈に作られているものなので、少々のことで使えなくなることはありません。最新の建築基準法に適合するように作られている新築住宅なら、多少の地震が来ても問題はないのです。

木造住宅なのか鉄筋コンクリート造りの住宅なのかで寿命は変わりますが、基本的には数十年使い続けることができると考えていいでしょう。

しかし、だからといってメンテナンスをしなくていいということではありません。適切にメンテナンスをしていかなければ、住み心地が悪くなる可能性は高いです。

最悪の場合、建物の寿命が縮んでしまうこともあるでしょう。クラックなどを放置しておけば、地震が来たときに倒壊をしてしまうかもしれません。

数年に一度は建物の状態をチェックし、必要なメンテナンス措置を講じることが大切です。

注文価格を安くするなら相見積もりが大切

相見積もりというのは、いくつかの業者にそれぞれ見積もりを出してもらうことを言います。

複数業者で見積もりを出してもらえれば、どこが最安値なのかはすぐに分かります。コストを抑えたいときには、相見積もりという手法は外すことができません。

ただし、注文住宅の場合は見積もりを一つ取るのも大変な作業となります。打ち合わせから始めなければなりませんし、自分たちの要望もすべて伝えた上で見積もりを出してもらわなければ意味がないからです。

少々面倒ではありますが、最終的な価格差が数百万円になることも多いのも事実です。手間を惜しむとローンの支払いも大変になるので、この部分で妥協をするのはやめておきましょう。

できるだけ多くの業者と時間をかけて話し合い、詳細な見積もりを出してもらうのが一番です。

注文住宅を建てる前に知っておきたい!滋賀県の特徴

滋賀県で注文住宅の建設を検討されている方は、滋賀県の気候の特性などをよく考慮した上で住宅建築計画をすすめていくようにしましょう。滋賀県内や地域によって異なる気候の特性を持っていますので、それぞれの地域に合った家作りを進めることが快適な住まいを作ることにつながるのです。滋賀県全域は内陸性気候なのですが、滋賀県北部は北陸、山陰型の日本海側気候になります。そのため冬場は雨や雪の日が多くなるのが特徴になります。特に琵琶湖の西北地域は特別豪雪地帯、豪雪地帯に指定されていますので、住まいには雪対策が求められるでしょう。一方で南部は太平洋側気候と瀬戸内式気候を併せ持っていますので、一年を通じて温暖な気候が特徴です。滋賀県全域は内陸性気候ですが琵琶湖があるおかげで、夏の暑さや冬の寒さが緩和されますので、他の盆地と比べると気候は穏やかです。滋賀県内を中心に住宅建築数の多い設計事務所やハウスメーカーは滋賀県の気候の特性などをよく理解しています。家作りで困ったときや疑問に思うことは、ハウスメーカーや建築事務所に相談しましょう。適切な家作りのアドバイスが受けらます。

エリアごとの特色を知ることで土地選びが簡単

滋賀県は面積も4017.38平方キロメートルもあり、日本最大の湖琵琶湖を有しています。また山にも囲まれており、それぞれの地域によって異なる気候の特性を持っています。滋賀県内で住宅建築を考えた時に、まずは土地選びから始めると言う方もいるでしょう。もともと滋賀県出身で自分の両親が所有している土地やその近隣の土地を探しているというケースもありますし、滋賀県内で一から土地を選ぶというケースもあるでしょう。土地選びを行うときは、それぞれ県内の土地の特徴について理解したうえで最適な土地を探すことが重要になります。滋賀県は地域によって気候などの生活環境が大きく変わってくるからです。自分たちにとって最適な土地を探すためにも、土地選びは慎重に行いましょう。

■長浜エリア

長浜エリアは滋賀県北東部にあり、琵琶湖北地方の中心地になります。滋賀県の県庁所在地である大津市だけでなく、京都府京都市、大阪市、名古屋市といった主要都市も比較的どこに行くにも同じくらいの距離ですので、通勤や通学エリアも広がります。気候は日本海側気候であり、地域によっては豪雪地帯に指定されているほど降雪量も増えます。自然環境豊かでのびのびと生活できますし、公園や遊び場も多いため子育ての環境も整っています。商業施設や飲食店の数も比較的多くありますので、車を持っていればいろいろな場所に出かけられて便利です。米原駅も近いため新幹線やJR線も利用できます。

■米原エリア

滋賀県米原エリアは日本百名山のひとつである伊吹山や雲仙山、姉川や天野川といった自然豊かな環境に恵まれているエリアになります。伊吹山の花畑、天野川のほたる、地蔵川の梅花藻や四季折々の見どころスポットも多々ある地域です。しかも米原エリアにある米原市には滋賀県内で唯一東海道新幹線の駅が設置されていますので、東京方面だけでなく、関西方面への交通の便が良いエリアだと言えます。気候は年間を通じて日本海側気候に近いため、冬季は雪や雨の日が多いでしょう。特に旧山東町と伊吹町に関しては豪雪地帯に指定されていますので、雪対策が必要です。

■大津エリア

滋賀県の県庁所在地があるのが大津市で、その周辺が大津エリアになります。県内随一の規模の歴史を有している地域であり、瀬田の唐橋やかるたの聖地としても知られている近江神宮などもあります。交通の便も比較的良好です。また夏はトレッキングやウォータースポーツ、冬はスキーといったようにアウトドアも満喫できるスポットが多々あります。大津エリアは住まう地域によって気候の特性が若干異なります。大津エリアの大半が近江盆地に含まれますので、盆地気候ですが南部は瀬戸内式気候、北部は日本海側の気候になり、一部地域では豪雪地帯に指定されているほどです。

■彦根エリア

彦根エリアは滋賀県の北東部に位置しているエリアになります。ご当地キャラクターとして有名なひこにゃんは、彦根エリアの中心地である彦根市のキャラクターになります。彦根エリアは滋賀県内の中でも工業地帯であり、ファンデーションやバルブの生産が有名ですので仕事も見つかりやすいかもしれません。また中心部には銀座商店街や市場商店街といった複数の商店街があります。以前より活気はなくなりましたがさまざまな活性化対策がとられています。気候は日本海側気候ですが、他の地域と比べると積雪量が少なめで生活しやすいでしょう。琵琶湖に近いこともあり気温の差も少なめです。

■守山エリア

守山エリアは滋賀県南西部に位置するエリアになります。縄文時代から弥生時代の古代遺跡が多くあり、大阪のベットタウンとして滋賀県内では高い人口増加率を示しています。住みよさランキングでも近畿圏では上位にランクインしていますので、大阪や京都などに通勤通学されている方にもおすすめのエリアです。エリアの中心部である守山駅には新快速が停車し、京都まで約24分、大阪駅までも約53分でアクセスできます。守山駅周辺には市民病院や滋賀県立成人病センター、公共施設や教育施設なども充実していますし、バリアフリーエリアとして整備されています。

■草津エリア

草津エリアは滋賀県南西部に位置しているエリアになります。県庁所在地がある大津市を有する大津エリアに次いで、県内第2位の人口を有するエリアになっています。大企業の多くが滋賀県の拠点を置くエリアとして、草津エリアを選んでおり、交通の便や買い物も比較的便利です。さらには人口一人当たりの年間小売販売額も高く、県内の経済中心地と言っても過言ではありません。また住みよさランキングでも2013年と2014年に近畿ブロックにて1位を獲得しています。公立や私立幼稚園も数が多く、立命館大学もキャンパスを置くなど教育施設も充実しています。

■近江八幡エリア

近江八幡エリアは滋賀県中部、琵琶湖の東岸に位置するエリアで、近江商人や安土城が有名です。豊臣秀次が気づいた安土城があり、時代劇の撮影場所としてもよく使われることから歴史的な建造物も多々あります。また全国三大和牛としても知られている近江牛も食べられますしバームクーヘンで有名なクラブハリエなどもあります。京都へ出るのもアクセスが良いですし、自然環境にも恵まれていますのでお子様の教育環境としては十分です。駅周辺にも大型ショッピングセンターもありますし、少し足を延ばせばアウトレットもあります。駅周辺は開発がすすみ新興住宅地となっていますので注文住宅を建てる土地も見つかりやすいでしょう。

■栗東エリア

栗東エリアは滋賀県南西部に位置するエリアとなり、はかりの生産量日本一や栗東取れ0ニングセンターがあることから馬のまちとして知られています。名神高速栗東インターチェンジが設置されてから自動車の便が大変よくなり、人口が急速に増加しました。1990年代には栗東駅が開業して、京都や大阪へのアクセスも便利になり京都や大阪に通勤通学する方も栗東エリアは便利です。また人口増加に伴って住宅開発も盛んに行われています。企業も多く進出していることから、滋賀県内の中でも仕事が見つかりやすいと言えます。東洋経済の住よさランキングでは2005年と2007年に全国一位を取得しているほどです。

■野洲エリア

野洲エリアは滋賀県南部に位置しているエリアとなり、自然環境豊かな地域です。田園が広がり空気も澄んでいて美味しいので静かな生活が送れます。公共交通機関があまり便利ではありませんが、車を持っていれば商業施設にも簡単にアクセスできますので不便を感じないでしょう。体を動かす施設も充実しているだけでなく、市が運営する子供の教育サービスも充実していますので子育て環境は良好です。大きなお店は京都や大阪までも比較的近いため、そこまで出かける方も少なくありません。またJRの車庫がありますので始発で乗れるため、長距離通勤通学でもそれほど苦になりません。

理想の家づくりとは?

滋賀の家づくりで
知っておきたい
つの選択

PageTop
デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi

【免責事項】本サイトは個人の収集した情報(2016年12月現在)をもとに構成しております。最新の情報については、各工務店・ハウスメーカーサイトにてご確認ください。

サイトマップ

Copyright (C)デザインも暮らしやすさも妥協しない滋賀の注文住宅Navi All Rights Reserved.